Curtis Hamilton

Building an important body of work of Artists’ books is done one book at a time, one page at a time, one image at a time. It requires putting every idea on trial for its life: changing the editing, changing the layout, waiting for few weeks, months, a year, then removing a page, and putting the page back. This have been Curtis’s strategy for the past few years, producing Artists’ books that contain literally and metaphorically the materials and the sensibility of his time.

bdp: What is the function of an artist studio for you?

CH: The studio is a space I return to, bringing ideas, images and objects in from outside.  It offers neutrality, albeit temporarily, where boredom and making are valued equally, and where work is free to shift form or fail.

bdp: Why do you make books?

CH: Making books is an additive process, both physically and conceptually.  It’s a challenge in that it becomes about much more than just an image or a set of images.  I like bending the practical decisions (means of production, size, choice of paper, binding) back into the work in ways that move the original ideas to someplace more specific and sensory.

bdp: What do you think is the connection between your books?

CH: The artist book is a particularly experimental form, and I’m often surprised by the differences between projects.  I think there is an underlying sense of pathos throughout my books.  They touch on recurring ideas around the abject in the everyday, pollution, and each project manifests its own material atrophy and impermanence in a different way.  Looking back, I’m realizing that most of my books respond directly either to a place or an archive of images.  This has never been a conscious working parameter.  It makes sense though, that to take on something so well defined as the Gowanus Canal or the city Yellow Pages that I would use the form of a book, which is multi-layered and expansive.

bdp: When you work on a book, when do you consider it finished?

CH: Every book develops at its own pace, some in a month and others over a year.  Some projects need to be set aside and ignored before there is a good direction.I’m never completely certain that a book is finished.  The books I am happiest with tend to be slightly unsettled, posing questions and bringing up new ideas.

Curtis’s website → http://curtishamilton.com/

優れた一連のアーティストブックをつくるには一冊ずつ、一ページずつ、一画像ずつ丁寧に築き上げなければいけません。編集し直したり、レイアウトを変えてみ たり、何週間、何ヶ月、何年も放っておいたり、ページを差し替えてはまた戻してみたり、とまるでそこに含まれる全てのアイディアを一つずつ審理にかけるか のように。ここでご紹介するカーティス・ハミルトンはそうやってここ数年アーティストブックを作ってきました。だからこそ彼は使う素材からテーマにかけて 今の時代にとても敏感な作品を生み出す事ができるのです。

bdp: カーティスにとってのスタジオ/アトリエとは何ですか

カーティス(以下、CH): スタジオはアイディアやイメージ、モノを持ってかえる場所ですね。一時的とはいえニュートラルになれる場所。退屈と創作が平等な価値をもち、作品が自由に形を変えたり失敗したりできるところです。

bdp: なぜ本を作るのですか

CM: 本作りは物理的にも概念的にも、僕にとっての付加プロセスです。たった一枚の写真や組み写真よりもはるかに作品の幅を広げるチャレンジというか。元あるア イディアがより感覚的で明確なところへ展開するように実務的な部分(製作手段や、サイズ、紙の種類、製本の仕方など)をひねって作品にするのが好きです ね。

bdp: カーティスの作品たちに共通する事は何ですか。

CH: 僕のアーティストブックはとても実験的なのでプロジェクトごとに違ってよく驚かされます。その中でもペーソスのようなものがすべての作品の根底にあると思 います。日々の絶望や汚染からくり返し感じる物事に触れ、それぞれ扱う素材の欠陥と儚さをそのまま表現しています。いま考えてみると、僕が作るほとんどの 本はある場所をテーマにしたものやアーカイブ写真を使ったものが多い気がします。特にそうしようと意識していたわけではないですが。ゴワナス運河にせよイ エローページにせよすでに周知の題材の表現方法として多層で広範な「本」を媒体に選んだのは今となって一番理にかなっているではないか、と思います。

bdp: 本作りをしている時どのタイミングで完成だと決めますか

CH: 本によって違いますね。1ヶ月で仕上がる本もあれば一年以上かかるものもあります。プロジェクトによってはどう形にするか決まるまで放っておくものもあります。僕の本が果たして完成しているのかは定かではありません。僕にとって一番満足のいく状態は、少し不安定で疑問を残し新しいアイディアを投げかけてくれるような本なので。

カーティスのウェイブサイトはこちら→ http://curtishamilton.com/

Comments are closed.